井野だけど広野

かりる
というためね。腕前の厳しい選手を最大限に生かすことは美味いよね。そこは認めるけど、それを他の腕前乏しい選手にも、腕前やスタミナとかそういうので勝負させるという出来事、これはダメな点。
まるで、ヤクルトの選手。連取体積が他の分隊の選手よりも大きい発展をしているっていうのは聞いた出来事ないし、前、落合マネジメントが、優勝コンペティションやるときに、発展体積が少ない分隊なんで、いつかは落ちて生じるというのをね。言っていたし、それほどなった理由ね。
それは201通年ね。あっちでね。優勝できなかったため、立ち直るのは優勝した2015時まであったしね。
暫くは、では、戦力を合わせる出来事。いらっしゃる選手の最大公約数を操る出来事ね。技量は最大限に生かすことをね。しないといけないのでしょうね。
とりあえず、毎年優勝できるような分隊ではないのですしね。で、今年は、優勝とかを目指す
時ではないという出来事。違うことに味わいを持って行くことにしようと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です